序論


宇宙人たちが地球に来る理由
数学的な確率として全宇宙に存在する生命はずっと多いと言われているが、 太陽系と同じ惑星分布になっている星は全天を観測しても 数えるほどで、滅多にないということが判明している。 生命が育つのは渦巻き銀河の幾つかの渦状腕の適度に安定な場所である。 我々の銀河の渦状腕は5本あって外側にペルセウス腕、 内側に射手座腕があり、太陽はオリオン座腕に存在している。 銀河の中心より離れた渦状腕の密度のやや薄目の部分である。 星の密度が高いと頻繁に隕石が落ちてきて生命が育たない。 そこに太陽と同じ質量の恒星、惑星を隕石から保護する木星タイプの 大きめのガス惑星が1個ないし2個が外側にあるという配置が必要である。 さらに、太陽からの距離が誤差3%以内でなければならない。 その惑星の安定な自転には適度な地軸の傾きと月が必要である。 存在確率を求めれば、渦巻き銀河中の約2000億個の星の大部分は中心部に存在して、 中心より離れた渦状腕の密度のやや薄目の部分:1/1000、 太陽と同じ質量:1/10、木星タイプの 大きめのガス惑星が1個ないし2個が外側にある:1/100、 太陽からの距離:1/100、小惑星10個分の質量:1/10、適度な地軸の傾き:1/20、 適度な月が必要:1/5、計1/1000億となる。 したがって、我々の銀河の中でこの条件を満たし、UFO が建造できるまでの 文明を持った生命が地球まで飛んでくるのはきわめて少なく10個以下と判断している。 現在、地球はようやく円盤機関があと少しで製造できるレベルに達しつつある。
知的生物の進化は氷河期と間氷期が交互に来るなかで進行する。 氷河期の厳しい環境では知恵を絞って創意工夫しないと生き延びることはできない。 地球人類も氷河期に出現し、寒冷地に適した白い肌と赤毛のネアンデルタールは 温暖化に伴い滅亡した。 その後、温暖化に適したホモ・サピエンスが現れて 混血しつつ、この短い間氷期に進化した。 通常、進化した生物は氷河期が訪れると、よりよい環境を求めて別の惑星に移住し、 繁栄するという道を歩む。 近年の地球の気候は約6000年前が間氷期のピークで最も暖かかった。 今は徐々に寒冷化に向かっている。 この地球環境はグレイ達のSuper-earth(7段階評価で6)よりは条件が悪い。 7段階評価で5 とやや厳しい状況にある。 両極に氷床があって森林面積も小さく、極と赤道の温度差も大きいため 使える生命資源と地下資源は限られ、全体の7割くらいしか使えない。 かつて地球は酸素が多く安定した気候が続いた時期があった。 7段階評価で6から7のトップクラスだった。 その時期に出現していれば可能性が大きかったのだが。 今は大陸の配置が変わって、海流の循環が悪く、 温度差が大きくなってしまっている。 太陽の日射量の変化を敏感に受けてしまう環境になって、 氷河期と間氷期が交互に到来する気候になっている。 今後、この間氷期から氷河期に入ると生活できる場所が狭くなってしまう。 −6℃の寒冷化は23,000年後まで続くのでこれに打ち勝つことはできない。 地球人類は季節はずれに狂い咲きした花のように実を付けることもなく枯れてしまうのか。 宇宙人達は悪条件で頑張る地球人類の行く末を見に来ている。 移住して発展できるかどうかのぎりぎりの状況に置かれている。 稀にしか見られないことなので、たいへん興味があるのだろう。 我々の目には円盤が現れて「UFO」だ! といって騒ぐだけだが、 はるか遠くから来るわけだから それなりの費用がかかっている。 アダムスキー型の場合なら大型母船と予備の偵察円盤があり,そこには数十人の サポート隊員がいてそれぞれ仕事の分担があり,生活もあると考えてまちがいない。 その母船を運航するには我々の空母以上の莫大な維持費がかかる。 そして地球に来るには,それなりの予算が使われている。 母星にはそれなりの経済活動が存在しないと偵察隊は来られない。 ワシントンに出現したUFO 編隊は偵察円盤30台だったので母船は6隻あり、 量産しても計6兆円はするだろう。 任務ではなく見物に来ている程度の遊びとして 0.05%のGDP(2000年基準)を割り当てるならGDPは120兆ドルはあるらしい。地球の3倍だ。 おそらく地球よりも環境がよい複数の惑星を持っていて優雅に暮らしていると考えられる。

宇宙機試作の理由
現在のロケットは暫定的な乗り物で、打ち上げ花火の延長上のものである。 これに対し、宇宙人はすべて本論の原理に基づいた乗り物でやってきている。 円盤機関は高度な文明によって開発される宇宙普遍の技術である。 広大な宇宙は円盤機関で行き来することが常識となっている。
交通機関の歴史として最初は徒歩だった。 そのままでは大きな荷物は運べないので車輪を使った荷車が作られた。 しかし、悪路では乗り心地が悪く、荷物も傷むといったことがあり、 振動改善と摩擦減少のためレールが考案された。 鉄の車輪にすると摩擦が小さく楽に引くことができる。 さらに牛馬を使って運搬量を大きくできた。 その後、動力として蒸気機関や内燃機関が発明され、交通機関として整備された。 さらに速度向上と燃料補給が不要な電気を使った電気機関車になったが、 車輪の摩擦と振動からは逃れられない。 そこで、超伝導を使って磁気浮上するリニヤモーターが使われ出した。 しかし、空気との摩擦が依然として残っている。 空気の無いところは化石燃料を使った動力では酸素がないので飛べない。 しかたなく酸素を積んだロケットが使われているが、 使い捨てであり、遅い上にコストが高く、交通機関として一般化していない。 本題の円盤機関であれば空気中でも高速(ex:15km/s)で飛ぶことができる。 円偏光の電磁場(補正場)よって大気の分子を寄せ付けず摩擦がない。 交通費の驚異的なコストダウンが可能で、 最終的な交通機関であると考えている。
アダムスキーがコンタクトした宇宙人たちも大型の母船は円盤型では造らずに葉巻型に している。葉巻型は動力部分を竹の節のように配置して荷室を確保した構造になっている。 (代田氏の推定) やはり、宇宙人といえども大型の円盤型は造りずらいとみえる。 設計するなら大型の母船は葉巻型になるだろう。 まずは天の川銀河内の調査が必要だ。 恒星間飛行には放射能を防ぐ大型の母船と数台の偵察円盤が必要になる。 原理も知らずにいきなり設計に取り掛かることはできないので、 基礎実験から始めるが、UFOの目撃情報や撮影された映像から色々な方式がある。 サール方式は機械部分があって耐久性に優れず、原理を解明するには不適当と考える。 グレイの円盤機関は進み過ぎていて難易度が高い。 かつて米国ではエリア51で捕捉したグレイとUFO が手元にあってもまったく理解できず、 難しくて真似もできなかった経緯がある。 電場を掛けなくてもスピンを同一位相で コーヒレントに揃えたような物質を 造りだせない限り話にならない。 物理的な難易度が相当高い。 情報量が多いのはアダムスキー方式で、円盤機関の基本原理を理解するのに適している。 本論ではアダムスキー方式を検証する。

ヒステリー気味の危ない地球
地球人類は石器を使うサルみたいな状態からようやく 円盤機関があと少しで製造できるレベルになった。 地球の歴史の中で最も大切な時期だ。 それにもかかわらず民族,宗教の違いなどを口実にテロや戦争を繰り返している。 地球の発展の足を引っ張る最悪の行為だ。 はるか過去の出来事にこだわり、身勝手な価値観や解釈を 他民族に押しつけて、無用な争いを招いている。 時間は前にしか進まない。 この時期に民族紛争などといった低能で愚劣なことをしている余裕はまったくない! また、先進国は第三世界をグローバル化に無理矢理引きずり込んで 貧困を発生させている。貧困ビジネスをしてはいけない。 自国の都合だけを考えた政策では地球全体が幸せになるはずもなく、 不公平感が増大して、テロというヒステリーも起こる。 地球外から見ると、マイナスになっていることに気づいていない。 金儲けのために公害をタレ流し、回収不能な汚染物質をまき散らし、 乱開発をしてどんどん地球をダメにしている。 さらに人間自体も汚染物質によってアレルギー反応をきたすようになってしまった。 地球(人間)がダメになるのが先か、移住用の乗り物ができるのが先か微妙な段階だ。 もし、ここで大規模な核戦争を引き起こしたら、数千兆円という損失を招く。 1発でも大都市に使えば数百兆円の損失が発生する。 第二次世界大戦とは状況が違い、 インターネットが発達しているため30分程度で全世界が大混乱に陥り、 世界同時株安、通貨安、資源安となって、地球人類全体が負担することになる。 これによって得をする者などいない。 一時的に得したように見えても地球の資産が失われるので、 最後にはツケが回って大損をすることになる。 すなわち、攻撃された国とその周辺国の通貨や金融商品はすべて焦げ付いて、 その影響は全世界に波及し、リーマンショックの数倍の規模のダメージを受けると予想する。 混乱の状況によってはサーキットブレーカー発動(取引停止)、金融資産の凍結もあり得る。 さらに報復攻撃があれば無限連鎖となって脆弱な金融システムは完全に崩壊するだろう。 危機への対処がまったく考慮されていないため、金融機関の窓口とATMは当分閉鎖ということになる。 2001年の全米同時テロのときは相場が戻るのに1ヶ月は要した。 核兵器の場合は疑心暗鬼や憶測を呼び、なかなか事態が収束しないだろう。 すでに「信用」が失われているため元に戻ることはなく、 少し戻ってもちょっとしたことで暴落を繰り返すことになる。 お金が回らないためエネルギー資源が購入できず、 電気、ガス、水道、電話、交通機関、燃料、食料供給なども停止していく。 その結果、何もできずに衰退してしまって地球上で野垂れ死ぬことになってしまう。 地球が我々の「棺桶」になってしまうのはとても悲しい。 46億年の進化の歴史はいったい何だったのか?これも宿命なのか。 一部の宇宙人たちはこのままダメになりはしないかと心配している。 特に核実験はやめるべきだ。地球人類のバカさ加減を露呈している最も愚かな行為だ。 たぶん彼らは核実験を捕らえているはずだ。 この行為は宇宙人からみれば単なる自滅行為にしか見えない。 地球人類の遺伝子に組み込まれているどうしようもないアポトーシスなのか? 地球の中だけという狭い枠の中でしかものを考えられないため このような争いが起こる。
地球の気候はここ1万年は安定していて人類の発展に寄与している。 地球の過去からすると、とても安定していると言える。 我々は運がいい。 いずれ地球人口は飽和し、環境破壊による汚染と異常気象の 状況になると思われる。地下資源を食い尽くして 経済活動が低下し始めたらそこで地球の人類の発展は終焉に向かう。 地球そのものはどのような状態でも存続はするが。 あなたの子や孫の世代はとんでもない状況になるはずだ。 そこで、移住したくなるわけだが、果たして居住に適した場所があるか? 勝手に移住できるのか?という問題がある。 他の惑星への移住 となると少なくとも1つの都市として機能しなければならない。 最小単位は10万人である。 それ以下では都市として機能せず、 遺伝子の多様性もないので長い目でみると滅亡に至る。 もし、生き延びても資源やエネルギーが得られず3世代もすれば石器時代に逆戻りする。 一気に移住しようとすれば、どれくらいの大きさが必要かざっと試算してみると、 20立方m/1人の空間を確保すると2×10の6乗立方m の居住空間が必要となる。占有率を半分とすると母船の全体がこの倍の大きさになり 400×100×100mというものになる。400万トンタンカー並みといったところ。 作るのにいくらかかるかと言えば、100万円/立方mとして4兆円である。 4000万円/1人である。 移住費用は物資やエネルギー代としてこの倍はかかるとみて 8000万円/1人となるが、これだけの費用を捻出するのは簡単ではない。

地球温暖化
燃料としての地下資源はどれも使うと二酸化炭素が出てくるという問題があって、 地球環境は急激に悪化してしまうのか? 地球の気候はミランコビッチ周期という地球の公転軌道の離心率の変化+ 地球の自転軸の傾きの変化+歳差運動と近日点前進の合成効果に 沿って変動することが解っていて、二酸化炭素はそれに連動してきた。 ところが、現在の二酸化炭素量は気温が高くなったから、増加したのではなく 先に二酸化炭素が放出されて増加している。 これは逆パターンであり、しかも過去の気候変動の100倍の速度で増加している。 近年の地球としての気候は約6000年前の縄文海進が間氷期のピークで最も暖かかった。 今は徐々に寒冷化に向かい、そのうち−6℃の急激な寒冷化に突入する。 寒冷化の速度は1000年で1℃の低下である。この寒冷化傾向は23,000年後まで続く。 地球人類の活動は二酸化炭素排出によって異常な温暖化をもたらし、 さらに加熱といえる程の気温変化を生んでいるという意見がある。 これはどちらかと言うと冷涼な気候に適応した人々が叫んでいるように思う。 これら温暖化が緩い進行中の寒冷化を覆い隠し、 正常な気候変動を妨げているとしたら、どこかの時点で いきなり反転する危険をはらむ。 最近の異常気象はその走りかもしれない。 この寒冷化に対して本当に対抗しているのか、 一時的なもので終わってしまうのかは検証する必要がある。 温室効果なしだと255K(−18℃)という計算例がある。 金星は太陽からの平均距離0.72AUで地球の1.91倍の熱が来る。 大気の性質は二酸化炭素96.5%で92.1気圧、表面温度平均737 K(464℃)になっている。 地球の二酸化炭素は石灰岩に83%、石油や石炭が16%でそのほとんどを占め 大気中や海洋、陸上生物はごくわずかになっている。 全部大気に放出されると温室効果で金星みたいになるが 地球が受ける熱は1/1.91倍、面積比1.05だから255℃になる。
464/1.91×1.05=255
二酸化炭素全体の石油や石炭の占める割合は16%だから全部使い果たすと
255℃×0.16=40.8℃になる。
温室効果なしのとき地球温度は−18℃と言われており、 これを加えると22.8℃(+7.8℃)が最大ということになる。 一部では無制限に上昇するような論調があるが、そのようなことはない。 石油や石炭を8割使ったとしても 40.8×0.8=32.6℃で−18℃を加えると14.6℃になり 平均気温15℃に対しあまり変わらない計算になる。 計算してわかることは石油や石炭を8割以上使うと 影響が出て問題になるということだ。 逆に二酸化炭素の排出だけで氷河期を回避できるとは思えない。 氷河期を回避するには海流の循環を良くしなければならない。 パナマ運河を開削して海峡とし、ドレーク海峡をダムで 仕切って南極周回流を止める必要がある。 これができれば地球の環境は7段階評価で6から7のトップクラスにできる。 そうすれば日射量の変化を受けにくい安定した気候が続くようになる。 これができないと他の惑星へ移住しなければならない。
現在は約1.5〜2℃の温度降下をもたらした 小氷期は約200年前に終わり、暖かさが戻っている。 今の暖かさは太陽活動の11年(22年)周期の5つまとまった55年周期 の吉村サイクルの活発期にあったからと思われる。 この活発期は2007年夏からの黒点の減少により終わったようであり、 今後20-30年は寒冷化の傾向になる。 黒点数の変動は、太陽磁場の周期的なねじれと復元に伴なって発生し、 周期が約90年と約400年の2種類の磁場変動がある。 地球は太陽磁場に保護されており、それが弱まると 宇宙線がより多く降り注ぎ、雲粒の核ができ雲が発生して気温低下を起こす。 地球大気はあたかも霧箱と同じで、宇宙線が多数降ってくれば雲がどんどん発生する。 長雨による日射の低下、夏の冷害が予想される。 寛永の大飢饉(1642年)の再来か。 マウンダー極小期は1645〜1715年であったから、 もうじき2回目の極小期2045〜2115年に入ると予想できる。 黒点は極小期の数十年前から減少しているので、その影響が出始めても不思議ではない。 また、約70年と長いため穀物生産とエネルギー資源不足が懸念される。
二酸化炭素が放出されて温暖化?するのは逆パターンであるため、 何が起こるか予測は難しい。二酸化炭素地球温暖化説が正しいのであれば 寒冷化することはあり得ない。寒冷化したら二酸化炭素排出権は紙くずと化す。 過去の気象(氷床コアの調査など)から現在の状態が異常かどうか精密に 割り出し、対処を決定する必要がある。 それらによると産業革命以前から基準値に対して0.6℃〜0.75℃上昇している。 この値はここ数千年間の変動誤差の1/3〜1/2である。 許容範囲は2℃で、2040年の見込みとなっているが、下記のグラフよりそこまで資源が持たない。 予測値の2℃の上昇は約2000年ごとの小氷期の逆の現象でしかなく、 現在の温度変化は変動誤差の範囲になってしまう。 地球の温度変化は過去15万年で10℃はある。 基準値から2℃の変化で異常を来すような社会構造はもともとおかしいと言わざるを得ない。 地球温暖化という言い回しで金儲けを企む輩も多く、炭素税だ! 二酸化炭素排出権を購入しろ!と言われて そのまま鵜呑みにしてしまうのは考えものだ。 紙くずになるかも知れない証券はうかつには買えない。 正しい結論が出ない限りは明確な行動は取れないが、 ともかく資源とエネルギーの無駄遣いは避けたい。 思い切って削減するには個人ベースで二酸化炭素排出権を設定し、 規定の量を越える排出に対して排出権を購入させる等の厳しい規制が必要となる。
最終的に二酸化炭素の放出をやめるべきという結論が出ても 極端な削減(6割)が求められ、事実上不可能なので環境悪化は避けられない。 もし、削減しても地下資源の尽きる時期が少し延びるだけで、 代替え手段が無い以上、これだけの人口は養えず、崩壊の道を歩む。 そこで核融合という話になるが、試験運転が2020年頃では間に合わない。 真を見抜いた米国は出来るはずがないと1998年7月に国際熱核融合炉(ITER)を放り出した。 また、最近米国もしかたなく加わり再開したようだが、 反応温度の1億度はなんと太陽の10倍を実現しなければならず、途方もない目標だ。 原子核を結びつける強い力をそのまま力わざで反応させようとするのは大変だ。 このまま成り行き任せで、何とかなるといった楽観論は幻想にしか過ぎない。 太陽から降り注ぐエネルギーは一定だが、過去に蓄積された地下資源を得た 人類は驚異的に進化はしている。日本の人口は江戸時代には2700万人で一定だったが、 今は1億2800万人で、ハイテク(過去に蓄積された地下資源を使う)によって 1億人(5倍)が余計に生活できる。これは全世界にも当てはまる。 いわば禁止薬剤のドーピングで肥大化して持ちこたえているようなもので、 この薬剤=地下資源が切れたら、一気に産業革命前の生活になってしまう。 世界の石油は43年、天然ガス56年、石炭162年、ウラン63年で枯渇すると言われている。 まさか、これらすべてを格安で全部使えると思っていないだろうか。 半分使った時点で半狂乱が起こるはずだ。 エネルギーを海外に依存している日本においては 太陽から降り注ぐエネルギーだけでは江戸時代の生活レベルで、 電気、ガス、水道、電話、交通機関はいままで通りは使えない。 国土の1%を効率10%の太陽電池パネル(寿命20年)で覆えば使う電力は生み出せるが、 これを製作するには20年分のエネルギーを使ってしまい、まったく意味がない。 これら風力、波力、地熱なども同類でエネルギー密度が小さいことと 供給の不安定さで、使い物にはならない。 その証拠にソーラーカーなど普及していないではないか! 採算が合わないものは作るのに膨大な化石燃料を消費し、 欺瞞に満ちた省エネルギーを謳っている。 電気自動車の電気代が安い? と言っても、元の電気を作るのに 火力発電によって多量の二酸化炭素が放出されていたり、数万年もの保管費用が発生する 核廃棄物が出るようでは本末転倒である。 もし、電気自動車のほうがガソリン車より有利だというなら とっくにガソリン車は駆逐されているはずだ。 自動車の黎明期に電池を使った電気自動車は負けた事実がある。 電池の容量が小さい上にコストが高すぎた。 それは現在も変わらない。いくら頑張っても化学反応では無理だろう。 安いガソリン車に勝つには陽電子と電子を造るフレーバー振動電源 を搭載した電気自動車だろうが、それでも車輪を付けるより飛ばした方が効率がいい。 みかけのエコロジーに騙されていないだろうか。 エコロジーだと言う製品を詳細に審査し、 製造過程を含めて従来品より二酸化炭素が余分に放出されるようならやめた方が良い。 従来品より価格が高いという時点で眉唾ものだ。 かえって資源を無駄遣いして地球の寿命を縮めている。 資源枯渇の末期症状で気が狂い始めたと思われる。 地球の地下資源・生命資源は限られている。 それを無駄に使ってしまっては地球生命の宇宙進出ができなくなってしまう。 やはり地下資源は安くエネルギー密度は高い。

2020年問題
一つ不思議なのは宇宙人は数万年前から地球に来ていても(壁画などに痕跡がある) 、移住はしてこない。そのころは資源、水、空気など条件はいいはず。 人間型の宇宙人たちは移住したいはずだが、暗黙の了解からか偵察に来るだけだ。 我々より数万年も進化した文明からは、移住といった発想は出てこないとも思える。 だとすると、破壊的な生活方法を見直して、数万年という長期的視野に基づいた 生活と発展方法に切り替える必要がある。現在の地球社会が数万年も続くとはとても思えない。 この便利な生活に慣れきって楽をしてしまった人類は 今更産業革命前の生活に戻れるはずがない。 現実問題として地球人類は最悪の進化を突き進み、 資本主義はカネさえあれば何でも使いたい放題の 温暖化ガス放出制限無しのネズミ算増殖の経済に等しい。 ときに好況と不況を生み出し、物作りを忘れてより金儲けができる者を高く評価し、 金融工学などといった確率論もどきの工学から怪しい金融商品を作って安易な金儲けに走り、 今儲かりさえすればいいという行き過ぎた「市場原理主義」によって破綻を来した。 相場なので例外があることを忘れてはいけない典型であった。 相場の特性として行くところまで行かないと歯止めが効かない。 「市場原理主義」と「グローバリゼーション」という名目で格差を生み出し、 世界の1%の上流階級が富の半分以上所有して 99%の下層階級を支配する構図になり、 ほとんどの人間が不満のある社会構造となっている。 そして、それが固定化されつつある。 こんな社会は宇宙人達の社会ではあり得ないように思う。 社会・共産主義は理念とはかけ離れた特権階級が権利を私物化する 人権無視、公害タレ流し国家となってしまっている。 体制維持のために人民が犠牲になっている。 どちらも熟成した社会にはほど遠く、試行錯誤の実験段階の社会構造と言える。 目先の豊かさだけしか考えていない破壊的経済の軌道修正はもはや不可能。 この暴走は誰にも止められない。 自分の身には降りかからないと思っているからだ。 まさにどちらも惑星の使い捨て感覚としか思えない。 地下資源を使い果し、汚染が進めば絶滅の道を歩む。 他の宇宙人と違って、生命構造体として未完成で、資源やエネルギーを食い荒らして 有害なごみを出すホモサピエンスはそのような生き方しかできない。 まさに地球を食い尽くせば死ぬ。 これはイナゴやバッタの大発生とよく似ている。 本当は江戸時代よりちょっとはマシという程度の生活レベルのはずだ。 これを読んでいる諸兄は資源使いたい放題の高度成長の中を生活 できて幸せだ。今のうちに資源消費文化をしっかり謳歌されたい。 資源が尽きるまで経済が安定かというとそうではない。


ローマクラブの「成長の限界」が示すグラフは1972年に予測を 立てたものであるが、ずばり2000年の人口を言い当てており正確だ。 グラフは2022年に食料とGDPに限界が来ることを示している。 地球の経済的容量は決まっており、無限に経済が拡大するわけではない。 資源消費の限界は78億人で現在94.5%に達しており、 この余裕は5.5%である。余裕度は毎年約1%ずつ低下していく。 そして、余裕0になったとたんに上昇カーブが急に負に反転する。 このグラフが示唆することは成長に限界があることだが、それに伴う カタストロフィーが発生することだ。そして資源が半分しか使えない ことに気づくべきだ。 石油や穀物の供給不足になったとたんに相場が暴騰し、 株式は暴落する。これは突然発生する。 それまでは何とかなるといった楽観論が支配的で、何の対策も取られないはずだ。 日本の高度成長期から定成長期への経済バブルと同様のオーバーシュートが発生 するだろう。そして、今回の米国サブプライムローン不良債権問題も、 まったく同様の現象だった。 いくら警告してもみんなやっているし、何の問題もないと言うだろう。 どこかの品質保証のように現に不都合がなければ行動を起こすわけがない。 まさか自分の身には降りかからないだろうといった勝手な解釈で、 やりたい放題をしていた。 手本があるのに回避は不可能だった。 結局、行くところまで行かないとわからないといった 地球人類の悪習で、歯止めが効かない。 これは資本主義の相場の特性そのものであり、解消することは絶対にない。 なぜなら、買えば必ず上がっていく状況であり、欲に目がくらんだ 状態だからやめられない。幾らでも儲かるぞ!ということで、 サーキットブレーカー発動はあり得ない。 個人の能力が集団となると最低レベルに落ちてしまうといった程度の悪さがある。 したがって、2020年問題は世界経済が失速するまで行くはずだ。 失速する時期は誤差は出てくるだろうが、来ることは間違いないと考える。 地球人類の知恵のあるところを見せるチャンスであるが、 これまでの経緯からして、予防措置を取れるはずはなく、 回避は絶対に不可能と見ている。自動調整されると言えばそうなのだが。
黒点の極小期と重なれば穀物生産が低下し、極端な穀物相場が展開するだろう。 人口爆発の限界の前に、ダメになった株式投資の資金が資源の投機に向けられる。 これが混乱に拍車を掛け、残りの半分の資源は暴騰してまともに使えなくなる。 いくら資源があっても値段が異常に吊り上がれば無いのと変わらない。 自分で自分の首を絞める結果になって、息ができなくなってもやめられないだろう。
最初に影響を受けるのは日本で、すさまじいショックが発生するだろう。 商品先物取引は暴騰し、為替相場は超円安、そして、恐怖のインフレが始まる。 日本人の首が絞まって、最終的には人口が1/5に制限されてしまうのだから、 政策的にできるはずもなく、やがて人口崩壊が始まり、 激しい禁断症状で資源の奪い合いも起こるだろう。 余剰の人口は死ぬか、移住するしかない。 推定として江戸時代とは違うから5000万人は 暮らせるとしても7000万人が余ることになる。 人口減少を考慮しても4000万人が余る。 これには400隻の移住母船が必要で、3200兆円用意できないと路頭に迷う。 予想として2020年時点で、人口減少もあるからGDPは 頑張っても650兆円しかなくとても無理だ。 0.5%の割り当てしかできないとすると、 10年間で4隻の移住母船しか送り出せない。 逆に財政赤字が解消できないなどとは論外である。 債券や株式は紙くず化するので、 日本人の現金の預貯金700兆円は最後の切り札になるか。 切羽詰まると現金も紙くず化するので、 『恐怖のインフレ』になる前に価値の高い資源に換えておく必要がある。 貴金属など買っても、最初は上がるが 直接役に立つわけではないのでそのうち暴落する。 役に立つのは穀物の備蓄とか先物くらいか。 それでも数年先には限界が見える。手の施しようが無くなるだろう。 余剰人口が自給自足の生活をするには日本の面積はあまりにも小さい。

地球の経済的実力
地球としての経済的容量と言える実力は上記のグラフから GDP40兆ドル(2000年を基準とした31.5兆×78÷61)が限界である。 0.5%の割り当てとすると26隻の移住母船しか送り出せない。これ以上は無理だ。 安定した経済成長のもとに地球人類に与えられた残り時間は たったの10年しかない。 みなさん西暦2030年ごろはバラ色の未来の生活だと思っているかもしれないが、 現実は江戸時代みたいな生活が待っている。 一生懸命に子供を育てても、とんでもない未来が用意されている。 超物価高の極貧省エネ生活となろう。 さらに約400年ごとの黒点の極小期と重なる恐れがあるため苦難が待ち受けている。 生活環境の稼働率は理屈では20%で、頑張っても40%がいいところだ。 電気、ガス、水道、電話、交通機関、燃料など、今まで通り使いたいなら すべて6.25倍の料金が課せられる。根拠として人口が5倍、資源が0.8倍 になっているからだ。化石燃料が無くなれば太陽電池、風力、波力、地熱などの 数倍のコストのエネルギー源を使うことになる。 人口が多ければ10倍以上に跳ね上がる。これがイヤなら移住しかない。 年を追うごとにキツクなるのだ。こんな状況では子供はまったく育てられない。 この問題は人間の寿命に比べて短時間で起こるので、困難をきわめる。 自然発生的に自動的に衰退することはなく、大混乱を迎えることになろう。 これは大発生したイナゴやバッタとなんら変わらない。この現象は 生物の産卵−孵化−成長−成熟−産卵といった一連の世代交代のサイクルに 粗密波が発生しただけである。流体力学で説明できる単純なモデルであり、 余分な人口が資源を食い尽くして大増殖し、その後に大量死するだけである。 地球全体で大規模なネズミ講をやっていると言うしかない。 最後は滅亡してしまうという生物の掟どおりの運命にある。 ぎりぎりの生活している者から順に消え去る。 恐怖のインフレで団塊の世代の年金生活者は一掃されてしまうだろう。 人類史上最も困難な状況に直面する。 地球としての文明のピークは2050年などではなく 目先の2022年だ。それ以降は地下資源が急速に無くなって崩壊する。 今のところ解決策は無く、大崩壊に向かって突き進んでいる。 そして、ついに地球人類の知恵の無さが全宇宙に露呈する。 その後、対策らしきものが出てきて、一旦は収まるだろう。 しかし、やっぱりダメなのではないかということになり、また混乱するだろう。 おそらく、日本の経済バブル崩壊の後と同様の道を歩む。 そのうち良くなるだろうという楽観論の元にGDPが減少していく。 上下動を繰り返しながらずるずると後退していくと見る。 節約・省エネは気休めにしか過ぎず、 しないほうが良いとは言わないが、次世代の技術開発に資源と知恵を投入すべきである。 節約・省エネしたところで崩壊する時期は大差なく、 解決できるのは科学技術だけだ。 すなわち宇宙人が持っているのと同じ本論の次世代技術を手に入れれば 他の宇宙人と同様に数万年にわたって繁栄する未来が期待できる。 地球人類として宇宙規模の文明圏拡大をやって、 オリオン座腕、ペルセウス腕、射手座腕までの活動範囲にできればいいが。 それができない限りは所詮、現在の繁栄は仮のものでしかない。 地球人類に比べて宇宙人は地球よりも環境がよい 複数の惑星を持っていてお金持ちである。 たいした用事もないのにふらっとお小遣い程度で 地球のくだらない騒ぎを見に来ているのだ! この機会を逃したら人類は産業革命前の生活に逆戻りし、 江戸時代みたいな生活になって工業技術も衰退して 宇宙へは進出できず、大量死する! 資源が無いので、立ち直ることは絶対に不可能だ。 再起はあり得ず、この機会は1回だけである。


メインページにもどる