リンク www.fxdefx.com
宇宙機の試作検討


ここは私が今までの 宇宙機の研究の蓄積を紹介する メインページです。


序論

円盤機関の基本原理

円盤機関には幾つかの方式がある。
機械式円盤機関(サール円盤)と静止型円盤機関(アダムスキー型円盤)である。
基本原理の説明


アダムスキー型円盤の詳細と見積もり
アダムスキー型円盤

ジョージ アダムスキーがコンタクトした宇宙人たちの円盤。機能美のある洗練された贅沢な設計である。

想定材料価格見積¥400億円、開発費2〜10兆円


円盤機関(UFO)早わかり、よくある質問と回答



UY-807による古典的実験


真空管ドライブテスト

大きさ材質等



高電圧による直接発振実験




高周波鋸波発振実験




Transistorによる実験

スイッチングTransistorによるドライブテスト



PowerMOSによる実験1

PowerMOSドライブテスト1


PowerMOSによる実験2

PowerMOSドライブテスト2

PowerMOSによる実験3

PowerMOSドライブテスト3


PowerMOSによる実験4

PowerMOSドライブテスト4

PowerMOSによる実験4.5

PowerMOSドライブテスト4.5

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験5

リニヤアンプ素子ドライブテスト5

リニヤアンプ用Transistorによる実験6

リニヤアンプ素子ドライブテスト6

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験7

リニヤアンプ素子ドライブテスト7

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験8

リニヤアンプ素子ドライブテスト8

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験9

リニヤアンプ素子ドライブテスト9

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験10

実験Ver10

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験11

実験Ver11

リニヤアンプ用PowerMOSによる実験12

実験Ver12

スピン制御実験13

実験Ver13

スピン制御実験14

実験Ver14

カイラル対称性の破れ補正実験15

実験Ver15

破れ補正実験16

実験Ver16

破れ補正実験17

実験Ver17

破れ作用実験18

実験Ver18

破れ補正実験19

実験Ver19

破れ補正実験20

実験Ver20

破れ補正実験21

実験Ver21

破れ補正実験22

実験Ver22

破れ補正実験23

実験Ver23

破れ補正実験24

現在進行中の実験Ver24

破れ補正実験25

現在進行中の実験Ver25

実験用安定化電源

実験用安定化電源

実験用安定化電源2

実験用安定化電源2


宇宙論と哲学



超平面(空間)と複素時間



宇宙の航法とジグザグ飛行、加速の方法について



戦いと見えなくなることについて


ミステリーサークルとグレイについて


他の惑星への移住について


古典解析による未来社会


研究所の状況



トップページにもどる