宇宙機試作室



宇宙研究所 元会員 小林


老舗の研究機関である重力(宇宙)研究所 に元所属。1976年より円盤機関(UFO)の試作検討を継続中。

実験によって円盤機関を解析し研究を進めるホームページです。


ここがUFOの試作への入り口


05/20/2018  ・破れ補正実験26:メビウスの帯状のリーマン面に沿って電荷が回る
05/13/2018  ・破れ補正実験26:1/2波形が出た状態は同期外れ気味
05/06/2018  ・破れ補正実験26:1/2波形は原子核レベルの現象
04/29/2018  ・破れ補正実験26:1/2波形が盛大に出る周波数
04/22/2018  ・破れ補正実験26:クエーサーの原理を使った駆動装置
04/15/2018  ・破れ補正実験26:チリチリ音がほとんどしない
04/08/2018  ・破れ補正実験26:バイアスの安定度を確認、4500Vp-p駆動
            ・他の惑星への移住について:デフレマインドの解消
04/01/2018  ・破れ補正実験26:最適バイアスを検討
03/25/2018  ・破れ補正実験26:吸い取り電流1A×3のとき4200Vp-p駆動
03/18/2018  ・破れ補正実験26:4000Vp-pのとき破れ補正度0.11%で誤差範囲
03/11/2018  ・破れ補正実験26:検出コイルを通すと不平衡、5000Vp-p駆動
03/04/2018  ・破れ補正実験26:吸い取り電流0.5A×3のとき4000Vp-p駆動
                                負荷コイルに巻き線を追加した測定は失敗 
02/25/2018  ・破れ補正実験26:吸い取り電流0.5Aに設定して調整
02/18/2018  ・破れ補正実験26:吸い取り動作をしていない
                ディスクの発熱は量子的か
            ・他の惑星への移住について:進化する上で優位性が増す
02/11/2018  ・破れ補正実験26:球形コンデンサーが球形で中空の理由
02/04/2018  ・破れ補正実験26:電荷抜き取り動作は破子を除去する破れ補正の基本
01/28/2018  ・破れ補正実験26:チリチリ音の再現性が悪いのは量子の特性
01/21/2018  ・破れ補正実験26:時間が延びは0.21%
01/14/2018  ・破れ補正実験26:チリチリ音は破れ補正が萎んでいくときに出る
01/07/2018  ・破れ補正実験26:ミクロでしか発生しない量子状態をマクロに持って来る



更新は再読込(リロード)してください。

2017年更新履歴
2016年更新履歴
2015年更新履歴
2014年更新履歴
2013年更新履歴
2012年更新履歴
2011年更新履歴


ホームページのURL: 

設定年月日:2016年 2月12日 URL : http://ufodev.o.oo7.jp

設定年月日:2004年 8月17日 URL : http://homepage3.nifty.com/UFOdev/ 

設定年月日:1999年 8月17日 URL : http://member.nifty.ne.jp/UFOdev/ 


Upload 08/17/1999
無断転載・使用厳禁。引用は許可が必要。
アクセス解析実施中